休むのに誰の許可もいりません、自分の許可だけです

1つ前の

ブログと関係するけど

休んだり

やる気がないのに

理由なんかいらないんですよ

ただ休みたい

ただやる気がない

ただそれだけでいいんです

休むのに許可を自分がしてないから

誰かの理論が必要になるわけですよ

誰かの許可を待ってるわけ

つまり、休むのにも

自分の人生の主導権を

誰か知らない

権威の人(その道のプロとか)に

明け渡してるわけなんですよ

こんな立派な先生が

言ってるから

疲れるの、当たり前だよね〜〜って

休むのを知らずに生きて来た

休んだら罪悪感がある

親が働きづめだった

だから

その枠を超えて

違う世界に行きなさい

と言ってるわけです

自分で

休む許可を出す世界へ

自分で

なんでもオッケーを出す世界へ

やっとね

時代の流れとか

エネルギーとかで

やりたくないことを

やってると

うつになったり

十分動けなくなったり

そういう人たちが

増えてますよね

楽しいことやってる時は

なーんともないのに

楽しいのに

さっさと

気づいて

この世には

すべてを楽しみに来た

そして

主導権は自分にあること

もー

ほんとに

日本人は働きすぎなの!

それは自己肯定感の低さから来てるの!

愛05受けて

寝込んでる人もたくさん

愛が満タンで満たされると

頑張ることは

愛と無関係と

わかってくるのです

だって

私たちは愛なんだから

頑張らなくても愛そのものなんだもん


おすすめ記事
最新記事
月別一覧
カテゴリー一覧

© 2016 ぽかぽかお医者さんまきちゃん先生